スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローラーにひかれる

29日午後1時半ごろ、滋賀県東近江市山上町の市立山上小学校(児童数236人、谷弥一郎校長)で、小学5年生の男子児童(10)が整地用のローラーにひかれた、と教諭から119番通報があった。児童は右のほお骨を折るなど重傷。ローラーはドラム缶(直径58センチ、幅90センチ)にセメントを詰め、引き手をつけたもので、重さ数百キロあったという。校庭の隅に使われず放置されていたのを児童らが遊びで動かしたとみられ、学校側は「安全管理を見直したい」と説明している。

 東近江署などの調べでは、男子児童は昼休みに、友達2人と傾斜のついた草地でローラーを引いていたところ転倒。うつぶせの状態でひかれたという。ローラーは約20メートル転がり、学校敷地外に出て止まった。

 谷校長は「大人でも動かせないので大丈夫だと思っていた。再発防止に努めたい」と話した。

2007年10月29日 asahi.com

子供が100%悪いね
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。