FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小3が首挟まれる

 16日午後4時10分ごろ、神奈川県平塚市東中原1のスーパーマーケット「西友平塚店」(山室茂雄店長)で、近くの会社員、会田陽彦さん(49)の長男卓矢君(9)=同市立松が丘小3年=が、地下1階から1階へ上るエスカレーターの手すりと事故防止用のアクリル板の間に首を挟まれた。気づいた店員が緊急停止装置を作動させて救出したが、卓矢君は一時意識不明となり、病院で手当てを受けている。命に別条はない模様という。

 調べでは、エスカレーターは10度の傾斜がついた段差のないスロープ型で、全長32.5メートル、幅約1.32メートル。卓矢君は同級生2人と乗っていた。地下1階のフロアに50円硬貨を落とし、手すりから身を乗り出し下をのぞきこんでいたところ、エスカレーターの手すりとアクリル板(幅145センチ)との間にある約15センチのすき間に首を挟まれた。

 卓矢君はそのまま約1.5メートルひき上げられたところでエスカレーターが緊急停止した。アクリル板はエスカレーターの中間付近に2枚設置され、手前は可動式で奥は固定されていた。

 店員らによると、卓矢君はエスカレーターの側面とスロープとの間のへり(幅12センチ)に足を乗せて弾むようにしていて、硬貨を落としたらしい。首を挟まれたアクリル板には血が付着し、同級生が「大丈夫か」と問いかけたが、卓矢君はぐったりして動かなかったという。卓矢君は18日に予定されていた遠足に持っていくおやつを買った後、地下1階のゲームコーナーで遊んで帰宅する途中だった。

 エスカレーターはシンドラーエレベータ社製で、分速30メートル(秒速50センチ)で動いていた。同店では「ベルトからは顔や手を出さないように」と注意を促す放送を流していた。利用客は「親は荷物を持っているので立っているが、子供は自由に動き回ることがある」と話していた。【堀智行、山衛守剛、渡辺明博】

毎日新聞 2007年10月16日

 子供が悪いよ
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。