スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わんこのお宿

◇24時間管理態勢が好評

 南区藤野のペットホテル「わんこのお宿」は、豊かな自然環境の中で、預かった犬の面倒を見る「シッター」を重視して、飼い主から信頼を得ている。

 経営者の安宅繁雄さん(63)は、若いころはカモやキジの狩猟が趣味。「当時は猟犬を連れて出掛けることはほとんどなかった時代でしたが、私は連れて行きましたね。もともと犬の訓練やしつけが好きで、警察犬の先生や本職のトレーナーの方に聞いて勉強しました」と振り返る。

 「わんこのお宿」は5月8日にオープン。隣接する藤野みどり公園で、最低1日4回の散歩を行い、走りたいタイプの犬種は公園の中のグラウンドで長いリードをつけて走らせるという。2階の一面ガラス張りの窓から、同公園と緑の山並みが望める。室内は約30畳大の広さで、ウッディフロアで天井は高く、愛犬がゆっくり休んで眠られる環境だ。「私の犬に対するこだわりや、思い入れから3頭しかお預かりできません。私が預ける立場で嫌なこと、心配することすべてを考えてお預かりします」と安宅さん。

 そこで24時間管理態勢を整え、どの時間帯でもチェックインとチェックアウトが可能。朝一番に旅行に出掛ける人などに喜ばれている。預かる犬は5キロまで4000円で、1時間超過するごとに300円加算される。5キロ~10キロの大型犬は相談に応じている。

 安宅さんの下には、看板犬になるために訓練中のドーベルマンのジャッキーと、ミニチュアピンシャーのチャコ、そしてカラスのクロがいる。ジャッキーは3歳時に、オーナーハンドラーでJKC(ジャパンケネルクラブ)ドッグショーのチャンピオン達成。また、カラスのクロは衰弱していたため預かっており、目下調教中。「犬の性格を見抜いて面倒を見ることが、とても大切ですね。パートナードッグとしてのしつけや訓練などもするので、お気軽にご相談ください」と安宅さんは話している。【芝田賢一】

==============

 ★札幌市南区藤野2の8

 ★電話011・592・0442

 ★営業受付は24時間(チェックイン・アウト可)。無休

毎日新聞 2007年9月23日


 ペット関係のものは人気出ますよねぇ
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドーベルマンドーベルマン(''Doberman'')はドイツ原産の犬の品種一覧|犬種である。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。