FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コースターが暴走

今年5月にジェットコースターの脱線死傷事故があった大阪府吹田市の遊園地「エキスポランド」で、宙づり式ジェットコースターが1周した後にホームで停止せず、もう1周するトラブルが起きていたことが16日、分かった。トラブルがあったのは15日。けが人はいなかった。

 事故発生から約3カ月後、全遊具の点検を終えて「安全宣言」し、8月10日に営業を再開したばかり。今回はセンサーの誤作動が原因とみられるといい、運営するエキスポランド社は「お客さまを不安にさせる事態を起こして申し訳ない」としている。

 同社によると、15日午後2時ごろ、10人を乗せたジェットコースター「OROCHI(オロチ)」(32人乗り、全長1200メートル)が1周し、通常通りホーム付近で減速したが、停止しないまま2周目に突入。再びホームに戻り、停止した。

 乗客の体を支える安全バーは固定されたままだったが、1周した時点で、腰のベルトを外すよう促すアナウンスが流れたという。

 オロチは1996年に運行開始。最高時速90キロで1周を約2分半で走る。同社は運行を休止し、原因の究明を進めている。

 吹田市は16日、原因が判明し、安全対策がとられるまで運行を停止するよう求めた。

 福井県から同日、友人とエキスポランドに遊びに来た会社員の女性(22)は「前の事故があったから迷ったけれど、ホームページに点検したと書いてあったので、安全になったかと思って来た。もう来ない」とあきれた様子だった。

デイリースポーツ

 なんでこうなんだろ。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。