スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢氏、造反拡大に期待

 民主党の小沢一郎代表は14日、道路特定財源の一般財源化や消費税率引き上げ時期盛り込みなどの2009年度予算関連法案をめぐる自民党内の異論に関し「役所に乗っかるだけで生活実態をくみ取らないやり方に国民の批判は非常に強くなり、このままじゃ駄目だという議員が増えるのではないか」と述べ、造反の広がりに期待感を示した。

 「造反予備軍」への働き掛けについては「現時点で工作をするつもりはない」と否定した。都内で記者団の質問に答えた。

 一方、松浪健太前内閣府政務官が08年度第2次補正予算案などの採決を棄権したことについて「閣内が統一されておらず、麻生内閣が機能しなくなりつつある」と指摘。その上で「政府の施策が国民のためにならないという思いの行動だろう」と述べた。

共同通信

いっそのこと、政党政治をやめるべきでは。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。