スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー=メキシコ代表デニグリス、ギリシャで急死

 サッカーのメキシコ代表FWアントニオ・デニグリス(31)が急死したことが分かった。所属するギリシャ・スーパーリーグ(1部相当)のラリッサが16日発表した。死因は心臓発作とみられるという。
 デニグリスは16日の早朝に病院に運ばれたが、すぐに死亡が確認された。

 代表キャップ数16試合のデニグリスは8月にラリッサと契約し、ギリシャ・スーパーリーグで6試合に出場していた。

ロイター

まだ若いのに気の毒だね。
スポンサーサイト

会長選挙に立候補

 日本赤十字社の近衛忠※社長は11日、東京都内で記者会見し、ジュネーブに本拠を置く国際赤十字・赤新月社連盟の会長選挙に立候補したことを明らかにした。投開票は19日にケニアのナイロビで行われる。日本赤十字社からの立候補は初めてで、当選すればアジア出身としても初の連盟会長となる。

 近衛社長は「日本赤十字は連盟創設5社の一つで中心的な役割を担ってきた。各国の赤十字・赤新月社が対立を越えて一致団結できるよう役割を果たしたい」と語った。

 会長選にはベネズエラ赤十字社社長のマリオ・ビラロエル・ランダー氏も立候補している。連盟は世界186カ国・地域の赤十字社・赤新月社が加盟。国連総会のオブザーバーでもあり、人道支援、災害対応の分野で大きな影響力を持つ。

 近衛社長は64年日赤に入社し、05年から社長。同年から連盟副会長を務める。近衛文麿・元首相の孫で、細川護熙・元首相の弟。【米村耕一】
(毎日新聞)

日本の方の海外での活躍、励みになりますね。

ボリショイで活躍…岩田守弘さんに友好勲章

ロシアのメドベージェフ大統領は2日、モスクワのボリショイ劇場で第1ソリストとして活躍するバレエダンサー岩田守弘さん(39)に「友好勲章」を授与した。

 「日ロの文化交流の発展に多大な貢献をし、ロシア芸術を広めた」ことが評価された。

 横浜市出身の岩田さんは1996年にロシア最高峰の同劇場で外国人として初のソリストになり、道化など個性的な役で高い技術と演技力を発揮。今はベテランとして、振り付けや後輩の指導にも力を入れる。

 岩田さんは「勲章は日ロの友好のために与えていただいた。日本人である私を高く評価していただいたロシアの大きな心に、大変感謝しています」と話している。

スポニチ

これはすばらしい勲章だね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。