FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめは犯罪

京都府議会の文教常任委員会は26日、政策研究のための委員会を開き、「全国いじめ被害者の会」代表の大澤秀明さん(63)=大分県佐伯市=を参考人に招致した。大澤さんは「いじめは犯罪。学校は子どもを危険から守る安全配慮義務の徹底を」と訴えた。

 中学3年だった大澤さんの四男秀猛君は1996年、いじめを苦に自殺した。委員会で、大澤さんは秀猛君が受けたいじめの一覧表を見せ、恐喝や暴行が繰り返されたむごさを語った。秀猛君の遺書で初めていじめの事実を知ったといい、「学校が教えてくれていたら息子は死なずにすんだ」と、学校の対応の遅れを批判した。

 委員からは「教師の権限を強めて警察とも連携し、犯罪型のいじめに対応する枠組みが必要」「教師が複数体制で教えるチームティーチングは学力面だけでなく、子どもを見守る目としても位置づけるべき」といった意見が出た。

(京都新聞)

 少し頭の悪い子供が増えたんじゃないの?
スポンサーサイト

支持率

【ワシントン及川正也】20日付の米ワシントン・ポスト紙によると、08年米大統領選の民主党候補指名争いをめぐり来年1月3日に最初の党員集会が開かれるアイオワ州での支持率調査でバラク・オバマ上院議員(46)が30%を獲得、ヒラリー・クリントン上院議員(60)の26%を抑え、首位となった。

 全米レベルではクリントン氏の支持率が依然、オバマ氏より高いが、アイオワ州党員集会の結果はその後の予備選に影響を与えるとも言われ、オバマ氏の躍進を印象付ける形となった。

 調査によると、アイオワ州に根強い支持を持つジョン・エドワーズ氏(54)も22%で、三つ巴の激戦。同紙の7月の同州調査でもオバマ氏はクリントン氏に1ポイント差でトップだったが、支持を拡大した。

 「大統領候補に何を望むか」との質問に「強さと経験」との回答が33%だった一方、「新たな方向と発想」が55%を占めた。政治経験には乏しいが、「改革者」としてのオバマ氏への期待が高まっていることが背景にあるとみられる。

 11月上旬の米ニューヨーク・タイムズ紙とCBSテレビの調査では、アイオワ州での支持率はクリントン氏25%、エドワーズ氏23%、オバマ氏22%。他の世論調査もクリントン氏が首位だが、いずれも小差で、混戦ぶりを示している。

 民主党のアイオワ州党員集会は1976年に当時無名だったカーター元ジョージア州知事が勝利し、大統領に上り詰めたことで脚光を浴びた。04年には事前の予想を覆してケリー上院議員が逆転勝利し、大統領候補指名を獲得している。

毎日新聞 2007年11月21日

 支持率好調なのは宮崎県知事くらいじゃないの?

緊急参戦

「新日本」(11日・両国国技館)、キリングスが来日できず急きょ代替試合が組まれ、虎仮面をつけた曙の化身・ボノタイガーが緊急参戦。相棒のタイガーマスクを背負いながら圧殺する「300プレス」で勝利した。背中に64とプリントされたコスチュームで、正体はバレバレだったが、試合後は無言で引き揚げた。「石井、本間は練習道具にしかならなかったね」と、タイガーもボノの存在感に太鼓判を押していた。

デイリースポーツ

 タイガーマスクってまだいるんだぁ。

最後まで転職

 容器包装リサイクル法に基づくペットボトルなどの分別収集量が2006年度は全国で281万トンに達し、前年度比で3%増加したことが6日、環境省のまとめでわかった。

 一方で、収集量の都道府県別順位は品目によりばらつきがあり、地域の取り組み方の違いも明らかになった。

 同法では、ガラスやペットボトル、スチール、アルミなど8種類の容器を分別収集の対象に定め、再商品化を後押ししている。

 収集量で上位を占めた都道府県は、ほとんどの品目で東京や千葉、神奈川など人口集中地域だった。例えばペットボトルの上位3都県は、東京(2万8304トン)、神奈川(2万6635トン)、愛知(1万9802トン)だったが、白色トレーでは熊本(520トン)が最多で、北海道(465トン)、静岡(277トン)の順。紙製の容器包装では、愛知、北海道、兵庫がトップ3だった。同省リサイクル推進室では、「ごみの分類方法や市町村の熱心さが、この差に表れているのではないか」と分析している。

(2007年11月6日 読売新聞)

ちゃんとリサイクルされてんのかなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。